スポーツチャンバラについて

子供時代にチャンバラごっこをして遊んだ人も多いでしょうが、不用意な遊びの場合は怪我をする可能性が高いので、使用する道具を厳選し、防具も備えて安全なスポーツとしてチャンバラを確立したものがスポーツチャンバラです。スポーツチャンバラはスポチャンとも称され1971年にルール化されたと言われており、現在では使用する武器の種類は短刀や長剣、そして槍など様々な長さのものがあります。スポーツチャンバラの試合形式は、1対1で戦う「対戦」、1対複数による「乱戦」、複数同士、集団同士による「合戦」などがあります。複雑なルールはなく、スポーツマンシップが原則であり、防具を着けている箇所を叩く(斬る)ことが基本で、叩かれたら負けです。スポーツチャンバラは剣道などの厳密な?武道とは異なり、老若男女、さらに障害者であっても自由にスポーツとして楽しめるものとして考案されていますが、スポーツチャンバラは単なる遊戯・スポーツとして止まらず、心身ともに鍛える手段、障害者においてはリハビリのひとつとして、また相互交流としての人間育成のためにも活用されており、そういう意味では重要な武道のひとつと考えることが可能です。なおスポーツチャンバラは十級から十段までの段級制があり、道としての体系を備えています。ちなみにスポーツチャンバラはその容易性、娯楽性から世界中に愛好家がおり、現在では世界大会も毎年開催されています。

ピックアップ記事

  1. 453bdcb235fcd9dc02ea99e87b687cb2_s
  2. 2fcde843bbba1cb577cfc77c9605a763_s
  3. -shared-img-thumb-KEN852_mokutekichi_TP_V

カテゴリー

PAGE TOP