武道の道

武道、それは簡単に言ってしまえば「道」がつくものです。
柔道や剣道、合気道。
そうした「道」がつくものは、ただ競技を競うものではなく、礼節の部分までをも含めているのです。
ですから、道のつくものを幼い頃より行っている人は、非常に礼節を心得ており、相手を尊ぶ。
そんな人間になっているのです。
そして、それは日本の美徳とも相通ずる部分が非常に大きいため、日本はこの「道」のつくものを推奨しているのです。
柔道なんかはオリンピックの競技にもなっていますし、合気道や剣道もそれぞれ独自の大会がありますが、ただ良い成績を収めるだけではなく、相手への敬意、そして競技を行える誇り。

そうした部分までをも含めたのが武道なのです。
だからこそ、武道は多くの人から尊崇の眼差しを向けられているのです。
特に師範という地位にいる人などは、競技者としての力量も去ることながら、人間としても非常に尊厳のある人だったりもするのです。
そうした部分が、今も尚、多くの人々から、他とは違う視線を向けられているのです。
つまり武道とは、競技ではなく、精神の鍛錬だったりするのです。
そうした部分が、失われつつある日本の美徳とマッチし、今になって大きな注目を向けられているのでしょう。

ピックアップ記事

  1. 453bdcb235fcd9dc02ea99e87b687cb2_s
  2. 2fcde843bbba1cb577cfc77c9605a763_s
  3. -shared-img-thumb-KEN852_mokutekichi_TP_V

カテゴリー

PAGE TOP