自作について

pixta_13217151_M

ラジコン飛行機は、素材や技術の進歩により、かつてほど高価ではなくなったので、完成品としてのおもちゃのラジコン飛行機は子供でも購入できるようになりましたが、ラジコン飛行機の中でも自作機は、大人の趣味としてそれぞれ拘りの一品が親しまれています。
もちろんラジコン飛行機は操縦して楽しむことが一番ですが、自分で多種多様なパーツを組み合わせる自作過程も楽しみのひとつです。
さらに自作にも様々あり、簡易な単に飛ばして楽しむタイプから、実在の飛行機のように外観の精密さを追求する自作機も少なくありません。なおラジコン飛行機の一般的なイメージはグライダーやプロペラ機のような形ですが、ジェットエンジンを使った後退翼のラジコン飛行機も自作可能になっています。ただしジェットエンジンの使用に際しては危険を伴うため、いくつかの規制があります。ラジコン飛行機は墜落するとそれなりの衝撃を受け破損することも多々ありますが、修理し、何らかの改良を加えることによりバージョンアップしていく過程も自作機ならではの楽しみです。ちなみにラジコンは一般的な呼称と考えられていますが、商標なので、ラジオコントロール、RC、R/Cなどの名称が使われることもあります。

ピックアップ記事

  1. 453bdcb235fcd9dc02ea99e87b687cb2_s
  2. 2fcde843bbba1cb577cfc77c9605a763_s
  3. -shared-img-thumb-KEN852_mokutekichi_TP_V

カテゴリー

PAGE TOP