登山を楽しむための3つの方法

pixta_16581643_M

12月10日、富士山を誇る富士吉田市の市長が会見で「冬季の富士登山禁止を検討すべきだ」と発言しました。
富士山はとても魅力的な山ですが冬季はどうしても登山のトラブルがつきものです。実際、高齢登山者の遭難も増加傾向にありますし、富士山はとても美しい山ではありますが、3,776メートルと日本一の山、つまりは日本で一番上るのが大変な山でもあるのです。
つまり、生半可な気持ちでなければ登山出来ないのです。ですがこれは富士山に限った話ではありません。
登山は自然との戦いですから、軽装備では痛い目を見るのは目に見えているのです。
そこで、登山を楽しむためのポイントをまとめてみました。

・天気は変わると思っておく
「山の天気は変わりやすい」とは良く言われていますが、変わりやすいのではなく「変わる」くらいに思って晴天時と雨天時の両方の装備を持っておくべきです。
特に多いのが、当初天気が良かったので悪天候時の装備を持っていないという人です。
天気はもちろんですが気温とてまったく違うものになるのですから、悪天候時や低気温時の装備をしっかりと考えるのはもはや当たり前の事です。

・無理をしない
登山は誰のための物でもないはずです。自分自身の趣味のためのものなのですから、無理をしない事です。
登山をすると、確かに山頂まで登りたいとは思うものです。ですが無理をしようとしてかえってトラブルになってしまうケースもとても多いのです。
自然は気合いや根性ではどうにもならない事もあれば、同行者がいる場合には同行者に負担を与えてしまう事にもなりかねません。
せっかくの機会で口惜しいのは分かりますが、退く勇気も持ち、無理をしないよう心がけましょう。

・情報収集をしておく
自分が登る事になる山の事くらいは最低限調べておくようにすべきです。山はそれぞれ違います。「登山」は同じ行為であっても、山はそれぞれまったく違う個性を持っていますので、どのような形になるのかは分かりません。
それらの情報も調べずに登山を行うのは無謀そのものです。無謀が称えられるのはアニメや漫画の中だけです。
もしもですが、無謀にチャレンジして大きなトラブルに巻き込まれてしまったら、ヒーローになるどころか非難轟々で人生そのものが変わってしまう事にさえなりかねません。

登山はとても楽しいものですが、自然を相手にするのですから誰にもコントロール出来ません。
そのために、最低限自分の身を守れるだけの装備、情報、判断力。これらを持つようにしましょう。

ピックアップ記事

  1. 453bdcb235fcd9dc02ea99e87b687cb2_s
  2. 2fcde843bbba1cb577cfc77c9605a763_s
  3. -shared-img-thumb-KEN852_mokutekichi_TP_V

カテゴリー

PAGE TOP