その他趣味

割れやすい石とは

■割れやすい石の浄化方法は?
パワーストーンの中には、割れやすいものもあります。そもそも天然石というのは、クォーツのような結晶化したものだけでなく、長年押し固められたものや、植物や動物が変化したものなどがあり、そういったものはやわらかくて割れやすいのです。割れやすい石は、まず土に埋める浄化方法が使えません。また、あまり太陽光に当てるとよけいに割れやすくなってしまうことが多いので、太陽光にも留意します。割れやすい石は、水や塩などによって変質しやすいものも多いので、よくわからないのならおすすめしません。ただし、割れやすい石=水や塩に必ず弱い、というわけではないので、どうしてもと思うのであれば調べてみると良いでしょう。

■割れやすい石は?
では、どのようなストーンが割れやすいのでしょうか。たくさんありますが、例えば琥珀やラピスラズリ、インカローズ、オパール、フローライト、アズライトなどはやわらかく割れやすいです。厳密には石ではありませんが、真珠も何枚もの層になっている特殊な動物性の玉なので、割れやすいパワーストーンとして扱われます。不透明な石が多いですね。通常はあまり割れない石でも、浄化方法や保存方法を間違えると割れることがあります。

関連記事

  1. ゴールドクロスって?
  2. 磁気ネックレスってどうなの?
  3. ペリドットはこうする
  4. 水はこうする
  5. 数珠はこうする
  6. クリソコーラはこうする
  7. 月光浴とは
  8. さざれ石はこうする

ピックアップ記事

  1. 453bdcb235fcd9dc02ea99e87b687cb2_s
  2. 2fcde843bbba1cb577cfc77c9605a763_s
  3. -shared-img-thumb-KEN852_mokutekichi_TP_V

カテゴリー

PAGE TOP