周囲から「大人な趣味」と思われる5つの趣味

pixta_19217061_M

2月14日は言わずと知れたバレンタインデーでした。全国各地でイベントが開催されましたが、近年ではチョコだけではなく、いろいろな物を配ったり、女性から男性にではなく、女子同士で交換するなどバレンタインも多様化しています。
趣味がお菓子作りという女性にとっては一年で1番「活躍」出来るタイミングでもあるでしょう。
趣味に関しては人それぞれではあるのですが、多くの人が「大人な趣味を持ちたい」と思っているようです。
大人な趣味の定義としては、年齢を問わずに長く付き合える趣味と考えてよいでしょう。例えば運動などは若くて体力に自信がある時には良いものの、年齢と共にどうしても体も衰えていきますので、徐々に楽しめなくなってしまうかもしれません。
ですが、年齢を問わない趣味であれば、いつまででも楽しめますので、そのような趣味を持ちたいと思っている人も多いようですが、いわゆる「大人な趣味」にお勧めのジャンルをいくつかピックアップしてみるとしましょう。

カメラ

こちらは年齢など関係ありません。むしろカメラの経験を積めば積むほどにより楽しくなってくるでしょう。
その点では大人の趣味としてぴったりです。また、カメラが趣味になると撮影はもちろんですが撮影するためにどこかに行くようになります。
旅行を楽しみつつ、良いシーンがあればカメラを構える。このような時間は、想像するだけでなかなか楽しそうなのではないでしょうか。

ワイン

ワインも様々な物がありますし、歴史もありますので、ワインが趣味というのも大人な趣味としては良いでしょう。
お金はかかりますが、それぞれ異なるテイストのワインを楽しむ。それが大人っぽいと思う人も多いでしょう。実際ワインは年齢と共に味が分かるようになるとも言われていますし、ワインと共に自分自身も成長する。
そのようなニュアンスで楽しめるようになれば、周囲からは「大人な趣味」と思われるのではないでしょうか。

盆栽

大人というよりも、ともすると少々「おじさんくさい」と思われてしまうかもしれませんが、盆栽は実はとても奥深い世界です。
盆栽のお披露目イベントは全国各地で行われているのですが、盆栽は自分自身の想定した形に育てるべく、栄養をどこに集めるのか。
余計な枝は切り落とし、自分自身が伸ばしたいと思う部分に栄養を回すよう、計算しつつ枝を切って整え、さらには時間をかけて成長を見守るのです。
子育てのように反抗期もないですから、まったりと時間をかけて楽しめます。こちらもまた、大人の趣味と言えるでしょう。

囲碁、将棋

両者に共通しているのは、娯楽であると共に、頭で考える点にあります。体力では若さが有利になりますが、頭脳は年齢を問いません。
むしろ年を取って来た方がそれまでの経験からいろいろな考え方が出来るようになりますが、囲碁や将棋は熟練者ともなると相手が何を考えているのか。
何手先までも読み合うのです。自分の想定したように相手を動かせるようになってくると楽しくなってくるでしょうね。
更にはこれらは相手さえいればお金をかけずに楽しめます。コストパフォーマンスの点でいえば、何より素晴らしい趣味なのではないでしょうか。

家庭菜園

出来る環境にあればの話ですが、自宅の庭やベランダなどで、ちょっとした家庭菜園を楽しむのも良いでしょう。
どのような野菜や果物を栽培するのかは各々によって特徴が変わってくると思いますが、栽培は性格が出ます。
若いとどうしてもすぐに結果を求めてしまいがちなのですが、年齢と共にそれらもなくなっていきます。その点でもまた、大人の趣味といえるのではないでしょうか。

ピックアップ記事

  1. 453bdcb235fcd9dc02ea99e87b687cb2_s
  2. 2fcde843bbba1cb577cfc77c9605a763_s
  3. -shared-img-thumb-KEN852_mokutekichi_TP_V

カテゴリー

PAGE TOP