趣味で副業をしている人がいるらしい?その理由を探ってみた

pixta_20689840_M

趣味と言えば気を抜くためのもので、自分が好きな事をしてリラックスしたり、気分転換を図ったり。自分にとってかけがえのない時間になってくれるものですが、趣味が副業という人もいるようです。
副業とはいえ、仕事は仕事。「趣味」というには少々違うのではないかと思う人もいるかもしれません。
確かに、「趣味は副業」と言われてもピンとこない人も多いでしょう。一方で、副業を許可する企業も増えていますし、もう少し自分の使えるお金を何とかしたい。さらには、どの産業も人手不足となっているおかげで、副業ではあっても働いてくれる人は大歓迎な社会的背景もあります。
そこで、副業が趣味という人の実情を探ってみるとしましょう。

副業なので気軽に出来る

副業ではあっても仕事は仕事という考え方もあれば、副業として選ぶ仕事は本業以上の難易度ではありません。学生のアルバイトにとっては負担になるような事でも、社会人の副業として考えたらとても気軽。そのため、お金が発生する「仕事」ではあっても、手軽だと感じる人も多いのです。
本業と比べると時給もとても安く感じる事でしょう。ですが時給が安くても仕事そのものがとても楽です。楽に稼げるので、まさに「趣味」として副業で気楽に働いている人も多いようです。
学生のアルバイトではなかなか言えないような事も、社会人経験があれば、責任者に対して意見を言えたり、責任者以上にスキルを持っているといったケースも出てきますから。

お金が貯まっていくのが楽しい

単純にお金が貯まっていくのが楽しいと感じている人も多いようです。副業を行うと、副業分はお金が貯まりますが、副業の時間はどれだけ手軽ではあっても仕事です。
最低限、仕事を行わなければなりませんので、副業の時間は人と遊んでいる訳にはいきません。つまり、副業の時間はお金を使う事がありません。
常日頃、友人や同僚と飲みに行く事が多い人にとっては、副業はお金が入ると共に、お金を使う機会そのものを失くしますので、結果、働いた分以上にお金が増えていると実感する人も多いようです。
つまり、趣味が貯金という人にとっては、副業は一石二鳥なのです。

いろいろな年齢層と出会える楽しさ

この点をメリットに挙げる人も多いようです。社会人として働いていると、学生との接点などそうそうありません。ですが副業を行うと、学生アルバイトと「同僚」になりますので、いろいろと接点が生まれます。
若い人間と話していると、人間は若さを吸収するのか、若々しさが出てくると言われていますが、若い人の流行だったり、若い人がどのような事を考えているのかも分かります。
副業先の飲み会や懇親会に呼ばれるという副業の人もいるようですし、中には副業先で出会った若い学生と付き合う事になったという人もいるほど。
近年では年齢差のあるカップルが珍しくなくなってきていますので、自分では「中年の男」と思っていても、学生の女の子にモテるかもしれません。

二カ所で働く事の精神的なメリット

二カ所で働く。傍から見ればとても大変な事なのではないかと思うかもしれませんが、働いている本人にとっては大変どころか、むしろ二カ所で働く事によって、どちらにもあまり比重を置かないで済むようになると考えている人もいるのです。
一か所で働いていると、どうしても「自分にはそこがすべて」といった考えになってしまいますので、妥協したり無理したり。
ですが二カ所だと、「自分にはもう一つあるから」という考えが出来るようになり、人間関係でも無理に妥協したり、合わせようとしなくなるため、気楽になるのです。
結果、その方が無理なく付き合えるようになり、結局双方共に良い人間関係を築けるようになる人もいるようです。この点も何気に副業を趣味にするメリットなのかもしれません。

ピックアップ記事

  1. 453bdcb235fcd9dc02ea99e87b687cb2_s
  2. 2fcde843bbba1cb577cfc77c9605a763_s
  3. -shared-img-thumb-KEN852_mokutekichi_TP_V

カテゴリー

PAGE TOP